お家に水辺を。メダカが泳ぐ睡蓮鉢ビオトープを立ち上げよう!

ビオトープ2020ビオトープ
この記事は約8分で読めます。

こんにちは。にのじです。

今回は、最近立ち上げたビオトープを紹介します。昨年はお試しがてら発泡スチロール箱でベランダビオトープを楽しんでいましたが、2年目の今年からは本格的にビオトープを満喫しようと思い、での立ち上げを決意しました。

にのじ
にのじ

窓際に水辺。最高です。

完成したビオトープはこちら

シーズン到来!ベランダが賑やかになりました。

水面からのビオトープ
ビオトープ 全景

発泡スチロール箱のビオトープもなかなか楽しめましたが、やはり睡蓮鉢は良い…!見栄えというか雰囲気の勝利というか、とにかく大満足です。これで今年の夏も乗り切れそうです。

しかもこれ、全然難しくありません。ざっくり言うと、器に買ったものを入れるだけ

早速ですが、今回の立ち上げのために揃えたものをご紹介していきます。

揃えたもの

睡蓮鉢

陶器の睡蓮鉢で、大きくて青系の色味で、それでいて他の同条件の商品よりも圧倒的に安かったこちらの商品に決めました。

にのじ
にのじ

こちらのショップは他店に比べてとても格安でした。

届いた瞬間は直径51cmという大きさに圧倒されました。というか、玄関が埋まりました

睡蓮鉢到着時
俺の睡蓮鉢を越えて行け

植物

立ち上げ時には以下の5種を入れることにしました。冬場もある程度楽しめるように、そのまま屋外で越冬可能な品種を中心に選んでみました。

ヒメスイレン

ヒメトクサ

シラサギカヤツリ

ガジュマル

ダイソーで発見し、テンションが上がって購入しました。

アマゾンフロッグビット

アマフロ

昨年メルカリで購入してからずっと維持している浮草です。暖かくなるとどんどん新芽が出るので、一株からでも無限に増えます。

底床材

ソイル

赤玉土と迷ったのですが、今回はしっかり植物も育てたいと思ったのでソイルを選択しました。ちなみに赤玉土はほとんど栄養ゼロの土です。

このプラチナソイルは吸着系ソイルの中でも結構よく使われている商品で、私も屋内水槽でよくお世話になっています。ただ、ノーマルタイプは粒が結構大きめだったので、パウダータイプスーパーパウダーを選択した方が見栄えは良いと感じました。

余談ですが、水槽内にある使用済みソイルを再利用するのもアリです。

にのじ
にのじ

使用済みソイルは栄養たっぷり!

軽石

主にバクテリアの住処として、多孔質の軽石を使います。今回初めて買ってみた商品ですが、あまり粉が出なくて使いやすかったです。粒は小さめで、粒によって色が違います。

軽石
意外とカラフル

生体

メダカ

メダカたち

昨年友人から頂いた卵が成長したラメ幹之を中心とする幹之系統と、突発的に購入した楊貴妃がいます。冬の間も基本何もせず放置していましたが、苔をつまんで無事越冬してくれました。

ヒメタニシ

ヒメタニシ

めっちゃ重要なメンバーです。タニシは濾過摂食をする貝なので、フィルターの設備が無いビオトープにおいて常に水を濾過してくれる貴重な存在になってくれます。

更に屋外で越冬できますし、雌雄揃えばビオトープ内で繁殖しゆっくりと増えていきます。採用しない理由がない万能お掃除生体です。

にのじ
にのじ

淡水シジミやドブ貝なども濾過摂食する貝です!

↑の商品で11匹買ったら、到着当日から数日間で5倍以上に増えました。何匹いても困らないので非常に嬉しいです。charmさんありがとう!

シマドジョウ

シマドジョウ

いわゆる底モノです。底床付近で活動する生体があまりいないので、バクテリアのためにもソイルを多少耕して欲しいと思いお迎えしてみました。かわいいやつ。

あまり大きいサイズだとメダカの稚魚を食べたりすることもあるようなので、混泳時は小さめの個体を選んだ方が良さそうです。charmさんでもサイズ別で販売されています。

その他

素焼き鉢

植物を植えて沈める用の鉢です。ダイソーやセリアでも調達できます。

素焼き鉢と表記されているものでも、表面に塗装が施されている場合があります。

おしゃれ鉢(ダイソー)
カラフル。

水中に沈めた場合に水が入り込み、ボコボコ膨らんだり剥がれたりする要因になります。なるべく塗装されていない、テラコッタ鉢を使いましょう。

鉢底ネット

鉢底ネット 2枚入り
エコー金属(Eko Kinzoku)
¥370(2021/05/31 16:35時点)
shared by にのじ

素焼き鉢の底の穴から軽石が流出するのを防ぎます。100均でも買えます。

意外と鉢を持ち上げて移動させる機会があるので、入れておくと幸せになれます。

アルティメットコンテナ

アルティメットコンテナ

ダイソーにて発見した蓋付きのコンテナです。中に軽石を3割ほど入れ、素焼き鉢の下に置いて高さを出しました。大人のメダカは入れないサイズの穴が開いているので、メダカの稚魚や稚エビの隠れ家になることも期待しています。

流木

流木掃除中
研磨中の様子

屋内水槽にレイアウトしていた流木です。洗浄・乾燥・研磨・煮沸消毒を施して再利用しました。

植物だけを配置するとなんとなく動きがなく、大人しいイメージになりがちでした。そこに流木を組み込むことで躍動感のあるレイアウトになったと思います。

ビオトープの作り方

素材を集めた時点で、作業の5割は終わっています。あとは睡蓮鉢の中に丁寧に配置していきましょう!

ざっくり理解できる ビオトープの作り方
  • STEP1
    植物を素焼き鉢に植え込む

    素焼き鉢に鉢底ネットと少量の軽石を入れて、
    そこにポットから引き抜いた植物を置き、隙間にソイルを注ぎ込みます。

  • STEP2
    睡蓮鉢に素焼き鉢を配置する

    STEP1で準備しておいた鉢を置きます。植物によって水面から何cmくらいの位置がベストか異なるので、事前に調べておきましょう。

    高さが必要な場合は空の素焼き鉢をひっくり返して土台にしたり、前述のアルティメットコンテナのような土台を用意して下さい。

  • STEP3
    底床を敷く

    睡蓮鉢の底面が見えている部分にソイルを敷きます。私はあまり厚く敷きたくなかったので、2cmくらいにしておきました。

  • STEP4
    水を入れる

    新品のソイルを使う場合は確実に濁りますが、翌日には澄んだ水になるのでご安心下さい。

    立ち上げ当日に生体を導入する場合はカルキを抜いた水を使いましょう。私は調子の良い屋内水槽から種水をもらって入れました。

    にのじ
    にのじ

    浮草も入れちゃいましょう。

  • STEP5
    流木をレイアウトする

    良い感じに見えるように流木を置きます。水上部分はもちろん、水中部分がどのように見えるかも割とポイントです。

  • STEP6
    生体を導入する

    水合わせをお忘れなく

  • FINISH
    完成

    出来上がったビオトープを堪能しましょう。

    完成図

まとめ

いかがでしたでしょうか。お家で水辺の癒やしを堪能できる睡蓮鉢ビオトープは最高ですよ!朝から夕方まで、いつでものんびり眺めて涼める素敵空間を是非とも体験してみて下さい。

今回は以上です。

にのじ
にのじ

梅雨前の今こそチャンス!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。
それではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビオトープ
スポンサーリンク
この記事を友達にシェアする
にのじをフォローしてみる
スポンサーリンク
のじりうむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました